2008年02月13日

管理人プロフィール

団塊生まれの映画好き!
DVD映画ナビゲーターのyoshiです。

小学4年生のとき、父親に連れられて初めて映画を体験。

初映画のタイトルは「史上最大の作戦」でジョン・ウエインが主役の戦争映画!

お〜きなスクリーンに映った初めてのモノクロ映画でしたが、
まるで本当に米軍が海岸に上陸してきたような臨場感があり、
はじめてカルチャーショックを覚えました。

こんなものが世の中にあるとは・・・・・!!

なにせ貧乏暮らしの中で、
我が家にテレビが登場したのも私が小学3年生の時です。
少ない番組の中で結構子供番組があったように記憶しえいます。

映画を見た後のテレビはな〜んか貧弱に見えて
見ている番組の構成も幼稚に見えたりして
テレビそのものがたよりないもののように思えた時期もありました。

高校に入った頃から
親や先生の目を盗んでは本格的に映画館参りを始めました。

当時夢中になった映画は、加山雄三の「若大将シリーズ」でした。

映画館を出てくる男性の多くが、歩き方まで若大将になりきっている姿が面白かったことを鮮明に覚えています。

ヤクザ映画を見たあとは
肩をゆすって歩いて出てきて
対面した相手の目を見据えてヤクザになりきったり・・・・。

映画って・・ほんっと〜に不思議なものですね〜!!
今ではテレビも大型化して
映画のような迫力は無いにしろ、かなりの臨場感が味わえます。

またDVDの普及により
自宅で手軽に映画を楽しめる時代になってきました。

ましてプロジェクターがシアターシステムを伴って家庭に普及したお陰で
まるで映画館が家に来たように感じる現在です。

DVDレンタルも商品が豊富に取り揃えられ
見そこなった映画や話題になった映画も
半年も待てばDVDとして
家族みんなで400円足らずの金額で楽しめます。

さあ!
一緒にDVD映画を楽しみましょう!


posted by DVD映画ナビゲーターyoshi at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。